物を購入したときには、原則として交換は不可能になります。もちろん返品も不可能ということです。もちろん、これは購入者の勝手でということになります。販売者のほうに問題がある場合には、いろいろな対応があるということになります。商品に問題がある場合、問題がない商品に交換というのは一般的でしょう。中古品など同じものがないという場合は、問題があれば返品ということがあります。購入したときのレシートをもっていたり、期限内であれば、一定の対応をしてもらえることになります。

自分が選びミスをしたということであれば仕方がないですが、明らかにその商品に問題があるという場合には、きちんと問い合わせをしたほうが良いということになります。お店に並んでいるものという場合、問題があれば交換ということで済むことがあります。では注文をして作ってもらうというときはどうかということです。わざわざ作ってもらうのですから、それしかないことになります。また、通常はその人の好みで注文していますから、それを欲しいという人が現れるかどうかわかりません。お店としては売り物にならないということになります。こういうことにならないように、事前に十分打ち合わせをすることになります。場合によっては、途中経過などを連絡しあって、問題がないかをチェックしながら行うということもあります。高コストのものだとそういうこともあるでしょうが、一定の価格という場合は、そういうこともないかもしれません。お店の広告を作成しようということである媒体の制作依頼をしました。そのときののぼりの購入体験です。そちらの業者においては、注文者から希望を聞いて、デザインをしてくれるというところでした。色合いなどの指定はしますが、細かいところは業者が行ってくれるというものです。そのとき、事前に出来上がりのイメージを受けた上で作成をしてもらいました。ところが、実際できたものにおいて、色が少し思ったものとは違っていたのです。

明るいイメージの部分が、少し暗くなっていたということです。光を当てても気になりました。そのことを業者に伝えると、その部分をもう少し明るくして作成しなおしてくれるということでした。再作成については、特に料金はかからないということでした。再度作成してもらったものについては、大満足のものでしたから、そちらで枚数分を制作してもらうことにしました。対応が良い業者さんだったので、今後も利用することがあるでしょう。