ちょうど1ヶ月前くらいには「メリークリスマス!」と、書かれていたのぼりが立てられていましたが、それが今では「ハッピーバレンタイン!」という文字に変わっていて、その時間が経ったということを実感してしまいました。私は今、大型ショッピングモールの案内スタッフとして働いているのですが、このショッピングモールには、中央広間にイベントスペースが設けられていて、その時々に応じてイベントが開催されるほか、シーズンごとののぼりが立てられることになっています。ちょうど1ヶ月前というと、クリスマスを目前に控えたときだったため、「メリークリスマス!」と、書かれているのぼりとともに、大きなクリスマスツリーや、クリスマス向けの商品が並べられていました。

そして、クリスマスの25日を終えてからは、それが一斉にお正月向けのものに改装されて、「ハッピーニューイヤー!」と、書かれているのぼりへと立て替えられました。もちろんそれと一緒に、クリスマスツリーも片付けられ、それに代わって今年の干支である、大きな蛇のぬいぐるみが展示され、その他にも門松や達磨の置物も並べられていました。

そして先日、早々と来月のバレンタインデーに向けての改装が行われたのです。今このイベントスペースには、どこを見てもハートばかりで、もちろんここに立てられているのぼりにも「ハッピーバレンタイン!」という文字と一緒に、ハートマークが描かれています。私がこのショッピングモールの案内スタッフとして、4月に就職をして働き始めてからというもの、いくつもの改装が行われ、そのたびに新しいのぼりを見てきました。入学シーズン、子供の日、母の日、父の日、海開き、敬老の日、ハロウィンと、そしてこのクリスマス、お正月、バレンタインデーとまでを見ています。ここからはまだ未経験ですが、きっとこの先、雛祭りやエイプリルフールがあるのでしょう。私はここで働き始めるまで、あまり季節のイベント行事というものに関心を持たないタイプだったのですが、このようにして楽しそうに作られていくイベントスペースを見ていると、それを楽しみたい気持ちにもなってしまうものでした。次はどういった改装が行われ、どんなのぼりが立てられるのかということに、最近ではわくわくする気持ちでいっぱいです。これはもちろん、お客様に喜んでいただくものでありながら、働いている私自身の楽しみの1つにもなっているものです。